認知症対応グループホームとは?特徴と費用を調査

認知症対応グループホームの特徴と費用について、認知症対応グループホームは正式には認知症対応型共同生活介護と言い、通称は介護のグループホームと呼ばれています。
この認知症対応グループホームの最大の特徴は、医師から認知症の診断を受けた人だけが入居できる施設で、しかも寝たきりの人は原則除外です。少人数5名から9名までで自分である程度はできる人が対象になり、しかも共同生活ができることも条件になります。
少人数5名から9名までのグループのことをユニットといい、行政から認可を受けることができるのは通常は1ユニットか2ユニットになります。それ以上は別の施設として認可申請を出さなければならず、現在は地域密着型サービスで市町村が施設の整備計画の中でグループホームが必要かどうかを判断した上で、さらにどの事業所に新築の許可をだし事業所を任せるかという判断の上で建築ができるという流れになっています。そのため、今後はこにグループホームの新設はなかなか認められないというのが一般的です。
その他特徴として、地域の中で住宅街などの中に建築して、地域住民などとの触れ合いを想定した行動も求められます。
なお、このグループホームの利用費用は利用者負担は介護報酬の1割であり、それ以外の費用は法律で決められたものたとえば食費など以外は徴収してはいけないこととなっています。
グループホームは地域によってはその数が多いということもあって、新設はまず認められない状況にあります。